• Twitter
  • Instagram
  • Facebook

〒108-0073 東京都港区三田1-1-15 Azabu 3F

プロダクトデザイナー / チーフ
2018年度 入社 N.M

プロダクトデザイナー / チーフ

人に真剣であり続ける社風を魅力に感じ、当時新卒採用をしていなかったアイグッズの門を自らたたき入社。
グッズデザインからグラフィックデザインまで幅広くこなし、「期待以上のものを作る」をモットーに、年間100件以上のデザインを担当。
グッズディレクターはもとより、クライアントからも厚い信頼を寄せられている。
またデザイナーという枠を超え社内の様々なプロジェクトを動かし、「より良い会社」づくりに貢献している。

コードを書いていた大学時代

コードを書いていた大学時代

物心がついた頃から絵を描くのが大好きで、小学生の頃の将来の夢は漫画家になること。自分の手で何かを形にする作業が昔から大好きでした。 高校3年生になって進路を決める時期もそういった分野に進みたいという思いが変わらずあり、そのままデザイン系の大学に進学したのですが、実は専攻した学科は「プログラミング」。 家から通える圏内でデザイン系の学部のある国公立大学が1校だけあり、そこに入学しました。国公立に行きたいという意思が固かったため、どんなことを学ぶのかあまり把握しないままそこに入学してしまったのですが、とりあえず専攻していたプログラミングもあまり打ち込めず、何となく通っていました。将来のこともあまり考えずにいつの間にか就活の時期がやってきたのですが、ポートフォリオに載せられるような作品がなくデザイナーの職に就くのはほぼ不可能だと感じ、どんな道を進めば良いのか分からなくなっていました。

自分の心に正直になる道を選択した

自分の心に正直になる
道を選択した

自分の心に正直になる道を選択した大学での授業はあまり楽しめていなかったのですが、最後の卒業研究では最後だからと半年ほど打ち込んで作品をつくり、結果教授や展示の来場者の方にも良い評価をいただけました。 その頃から「誰かを想って一生懸命新しいモノをつくり、人を喜ばす」ということが自分にとってこの上ない喜びだということに気がついたんです。 もともと人を笑顔にしたり喜んでもらうことが好きだったので、アパレルやブライダルといった接客業の企業からの内定もいくつか貰ったタイミングでした。 しかし、「もっと自分がワクワクしながら一生懸命打ち込み、人を喜ばせるような道があるのでは?」と考え直した結果、プロダクトデザインの専門学校に再進学することを決意しました。 就職間近でイレギュラーな決断だったかとは思いますが、自分の選択に責任を持つためにも、ほぼ毎日夜まで学校に残りながら一生懸命デザインの勉強をしました。 プロダクトデザインの勉強は、本当に楽しかったです。モノが形になる瞬間はやりがいを実感できましたし、さらにモノを受け取る人の喜ぶ姿を想像すると、もっと勉強をして良いデザインができるようにならなきゃと自分を鼓舞することができました。

相手を想う気持ちは伝染していく

相手を想う気持ちは
伝染していく

アイグッズを知った当時、実は新卒採用は行なっていませんでした。ものづくりの最初から最後までに関われる事業体制に魅力を感じた私は、勇気を出して「見学をさせてほしい」と電話したんです。 結果、新卒を採る予定は無かったのにも関わらず見学を快諾してくれて、親身に面談まで行なってくれました。インターンの機会も私のために作ってくださり、数日間つきっきりになって仕事の体験をさせてくれました。 社員の方々と関われば関わるほど「相手を思いやる気持ち」を感じ、私もこんな思いやりを一番に大切にしながら働いていたいと強く思って、新卒社員第一号として入社を決めました。アイグッズは目先の利益のためだけに動くような会社ではなくて、心の底からクライアントに貢献することを願っています。 お客様にメリットがないと判断すれば美味しい話でもきっぱりお断りし、他社を紹介することも。そういった誠実に本気でお客様の力になろうとするアイグッズの姿勢がとても好きです。 このような想いを大切にしながら今も働けていることをとても幸せに思いますし、この会社だったら、この姿勢に共感して入社してくれているメンバーでなら、きっと素晴らしい未来がつくれる!と感じています。

声なき声をキャッチして、デザインにも会社づくりにも貢献したい

声なき声をキャッチして、
デザインにも会社づくりにも貢献したい

デザイナーになったばかりの頃はお客様の指示に従うだけで止まっていたのですが、より経験を積んでいくうちに「それならこっちのやり方のほうがいいかも」などと+αでこちらから提案できることが増えました。 これまでに得た経験や自分の知識を元に追加で提案をしていき、どんどんお客様の検討の幅を広げることで、「感動しました」「とても助かります」といった言葉をいただくこともあります。 こうして付加価値を生み出していく際に必要なのは、お客様の「声なき声を聞く」ということ。表面だけで理解するのではなく、その要望の中にある真の想いを積極的に汲み取っていくことは、相手を心の底から理解して力になりたいという想いがあって初めてできることだと思います。 これはデザインをする時だけではなく、会社の仲間と関わる時もそうです。今はチーフとしてデザインチームをまとめる立場にいますし、チームを超えて全社的なプロジェクトにも積極的に参加しています。 就活時アイグッズ社員から感銘を受けたと同じように、私も後輩に対して「こんなにまで気持ちを理解してくれるんだ」と思ってもらえるような寄り添い方をしたいです。 アイグッズの仲間となら「世界一幸せに働ける会社」を作れると本気で思っています。そんな大きい夢を叶えるために、今日も全力でお仕事に、そして会社づくりに励みます。

インタビュー一覧

想いをカタチに。
ENTRY新卒採用エントリーフォーム